【不動産クラウドファンディング】COZUCHIとは?

COZUCHIクラウドファンディング
引用:COZUCHI
クラウドファンディング

こんにちは

初心者でも始めやすい不動産投資手法のひとつとして、不動産クラウドファンディングが注目を集めています。

様々な不動産会社やベンチャー企業が参入しており、どこで登録すべきか迷う人も多いのではないでしょうか。

この記事では、LAETOLI株式会社が運営する不動産クラウドファンディングサービスCOZUCHIについて解説していきます。


COZUCHIの登録はこちらからどうぞ

COZUCHI(コヅチ)とは


COZUCHIは、LAETOLI株式会社が運営する不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

「意味のあるお金が豊かに循環するフェアな社会」の実現を目的としています。

運営会社


COZUCHIの運営会社は、LAETOLI株式会社という会社です。

1999年に創業後、不動産特定共同事業の黎明期より同事業に参入する企業の免許取得サポートや運用アドバイザーとして事業を展開してきました。

2019年にはインターネットを活用した不動産小口化投資商品を再設計し、不動産投資をより手軽に、より親しみやすく、より多くの投資家の皆様にご利用頂けるWARASHIBEの運用を開始しました。

そして2021年、新たに「想いと豊かさを循環させる不動産投資」をコンセプトにCOZUCHIへリニューアルしています。

COZUCHIの仕組み


COZUCHIは、不動産特定共同事業法を活用した不動産投資型のクラウドファンディングです。

インターネット上で出資者を募集し、運営会社が不動産事業を行います。

不動産から得られる賃料や売却利益を投資家へ還元します。

投資家様を優先的に保護する優先劣後構造でありながら、債券や社債等より高いリターンを目指す、ミドルリスク・ミドルリターンの投資サービスです。

引用:COZUCHI


COZUCHIの登録はこちらからどうぞ

COZUCHI(コヅチ)の特徴


COZUCHIの特徴についてです。

少額から不動産投資が可能


COZUCHIのメリットのひとつが、少額投資が可能ということです。

COZUCHIは、不動産特定共同事業法を活用することで、数十億円の不動産への投資でも、1万円から投資をすることが可能です。

様々な投資商品がある


COZUCHIには、様々な不動産事業者が参加しており、各事業者がそれぞれ強みを持つ領域の商品を商品化しています。

このため、区分所有マンション、区分店舗、一棟ビル、一棟賃貸マンション、ホテル、リゾート開発、再開発事業等の多種多様な不動産投資商品があり、出資者それぞれの投資方針に合わせた、多様な商品を扱っていることが大きな特徴です。

実績が豊富


運営会社であるLAETOLI株式会社は、不動産特定共同事業法を活用した事業を2008年から2018年までで総額約9億円を運用しており、元本毀損/配当遅延は一度もありません。

2019年から運用を開始した不動産特定共同事業法の電子取引「WARASHIBE」(現 COZUCHI)においては、総ファンド数24件、累計投資額約16億円を運用しており、同様に元本毀損/配当遅延は一度もありません。

利回りが高い


COZUCHIでは物件の賃料収入や売却想定価格等を十分に吟味し、かつ、優先劣後構造を採用することでローリスクを実現しながら、 年利率3~12%程度のミドル〜ハイリターンを実現しています。

「商品設計は、リスクは低く、リターンはできるだけ大きく」の実現を目指している点が最大の特徴です。

優先劣後方式を採用している


COZUCHIでは、優先劣後方式が採用されています。


優先劣後方式とは、損失が発生した場合は劣後出資者である運営会社が先に負担し、利益が発生した場合は優先出資者である投資家に優先的に分配が行われる仕組みです。

この仕組みにより、投資家が出資した元本が守られやすくなり、リスクを抑えた資産運用が可能となります。

引用:COZUCHI

いつでも換金ができる


一般的にな不動産クラウドファンディングでは、途中解約ができないことがほとんどです。

しかし、COZUCHIでは事務手数料が必要ではあるものの、途中解約が可能になっています。

急な事情で現金がが必要になった場合でも、いつでも換金することができます。


COZUCHIの登録はこちらからどうぞ