【徹底比較】MT4対応の国内FX業者おすすめ5選|EA開発者が解説

EA
EA
PVアクセスランキング にほんブログ村

こんにちは。

本記事ではMT4が使える国内FX業者を比較解説していきます。

各業者の基本的なスペックや特徴に加え、EA開発者視点での業者の選定ポイントもあわせて解説していきます。


そもそもMT4やEAって何?という方は下記をご確認下さい。

FX業者を選定する際のポイント


FXを始めるには、まず口座開設が必要です。

しかし、FX業者は多数あり、それぞれ特徴が異なります。

自分の取引スタイルに合ったFX業者を選ぶべきですが、特に初心者の方にとっては最適な業者を選ぶのは難しいのではないでしょうか。


ここではMT4を使ったEAで取引をする場合を想定した選定ポイントについて解説します。

主なポイントは下記の3つです。

取引通貨ペア数


EAで取引をする場合、そのEAが取引する通貨を扱っている業者を選定する必要があります。

すでに利用するEAが決まっていれば、そのEAの仕様を確認すればよいです。

まだ決まっていなければできるだけ多くの通貨を扱っているFX業者がよいでしょう。

スプレッド


スプレッドはEAで取引をする場合、得られる利益に直結しますのでとても重要です。

当然、小さければ小さいほどよいですのでそれぞれのFX業者のスプレッドを確認してみましょう。

国内FX業者か海外FX業者か


EAを利用する場合、国内FX業者を使用することをおすすめします。

一部の無料EAなどで海外FX業者を使用することが条件になっている場合は仕方ないですが、基本的に海外FX業者を利用するのはデメリットが多いです。

その理由については下記で説明しています。

MT4対応のおすすめ国内FX業者比較


国内には50~60近いFX業者が存在しますが、MT4対応の国内FX業者は10数社と少ないです。

MT4対応の国内FX業者が少ない理由は下記で解説していますので、ご興味があればご確認ください。


MT4を利用する時点で自動的に10数社に絞られるので、選定する上では悩む必要がなくありがたいですね。

さらにその中から私が厳選した下記5社に絞って比較紹介していきます。

スペック一覧


まずは各社のスペックを一覧にしたのでご覧ください。

FX会社FXTFFOREX
EXCHANGE
外為
ファイネスト

楽天証券

オアンダ
ジャパン
※1
取引通貨
ペア数
30通貨25通貨30通貨22通貨40通貨
スプレッド
(米ドル/円)
0.1銭
※2
変動変動0.5銭
※2
0.3銭
※2
取引手数料無料無料無料無料無料
取引方式DDDMANDD(STP)

NDD

※1 東京サーバーの場合

※2 原則固定・例外あり

取引通貨ペア数


取引通貨ペア数はオアンダジャパンが最も多いです。

東京サーバーでは40通貨ですが、NYサーバーでは69通貨に対応しています。

このように同じFX業者でも複数の口座タイプがあり、それぞれで特徴が異なります。

スプレッド・取引手数料


スプレッドはFXTFが最も低いです。

ただ、注釈にある通り「原則固定・例外あり」です。

早朝など取引量が少なくなるときや経済指標が発表されるタイミングではスプレッドは大きくなります。

また、実際の取引時はスプレッド以外にもスリッページや各業者の約定力によって見えないコストが発生しますので注意が必要です。

取引手数料は各社無料になっています。

取引方式


参考情報として取引方式も記載しています。

取引方式の詳細については別記事で解説したいと思います。

各国内FX業者の詳細

FXTF


FXTFは、ゴールデンウェイ・ジャパンが運営する国内FX業者です。

今回紹介している5社のなかで特にスプレッドの狭さにこだわっている業者になります。

「日本No.1 最狭スプレッド挑戦計画」と銘打ち、USDJPY、EURJPY、GBPJPY、AUDJPY、EURUSDの5通貨ペアに対し、他社状況を確認しスプレッドの調整を行っています。


また、MT4で使えるオリジナルインジケーターは30種類以上あり実践的なものばかりです。


口座開設は下記バナーからどうぞ。

ゴールデンウェイ FXTF口座開設ゴールデンウェイ FXTF口座開設 | GogoJungle

オアンダジャパン


取引通貨ペアが多いのがオアンダジャパンです。

この業者のよいのはオリジナルのインジケータが豊富にあることです。

口座を開設するだけで使用できるものがたくさんあるので、取引はせず口座開設だけしておくというのもありです。


口座開設は下記バナーからどうぞ。

OANDA JAPAN 口座開設OANDA JAPAN 口座開設 | GogoJungle

楽天証券


楽天証券のFX口座には2タイプがあり、通常口座である「楽天FX口座」とMT4が使える「楽天MT4口座」があります。

「楽天MT4口座」は、国内の大手のネット証券(SBI証券、GMOクリック証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)のなかで、唯一MT4に対応FX口座です。


大手ネット証券であることや取引サーバを日本国内に置いていることなどから、安心して取引できるというのが楽天証券のメリットです。

また、楽天証券自体は総合口座なので、FXのほかにも株式や投資信託など様々な投資も行いたい方にはおすすめです。


ただ、米ドル/円のスプレッドは「0.5銭」と他の4社よりは高めなので、取引頻度の高いEAを利用する場合は不利になります。


口座開設は下記リンクからどうぞ。

FOREX EXCHANGE


FOREX EXCHANGEは、「俺のMT4」という名称でMT4サービスを提供しています。

「俺のMT4」の特徴は、「DMA方式」を採用したフェアな取引環境になります。


DMA(Direct Market Access)方式とは、約定確認を行わない取引方法で、透明性が高くスムーズな取引ができるのがメリットです。

約定確認(ラストルック)とは、顧客の注文を数ミリ秒の間保留し、その間の市場の動きが証券会社にとって有利な場合のみ取引を執行し、不利な場合には約定拒否を行うことです。



FOREX EXCHANGEでは「俺のEA」というサービスも用意されています。

通常では有料で購入する必要のあるEAを、少ない手数料で利用することができます。

EAは30種類以上用意されており、その中から希望のものを選択し稼働させることができます。


口座開設は下記バナーからどうぞ。

俺のEA FOREX EXCHANGE 新規口座開設俺のEA FOREX EXCHANGE 新規口座開設 | GogoJungle

外為ファイネスト


外為ファイネストは、発注から約定まで一切人手を介さないSTP方式によるNDDを採用しています。


外為ファイネストは、国際的な金融グループであるHantec Groupの一員です。

Hantec Groupは、世界有数の金融都市である香港に本社を置き、アジアや欧州、中東、オセアニアなどの主要な金融都市において広く活動しています。

これらグループ全体の力とネットワークを結集し、より安定的・先進的な金融サービスの提供を目指しています。


口座開設は下記バナーからどうぞ。

外為ファイネスト MT4-ZERO口座開設外為ファイネスト MT4-ZERO口座開設 | GogoJungle