【おすすめFX口座】FX始めるなら♪

FX
FX

どうも~♪太朗だよ^^♪
ここではFX始めるときのポイントをまとめてみました☆
”太朗の裁量トレード奮闘記読んでたらトレードしたくなってきた!”
って方や
”見よう見真似でもやってみようかな”
という方もいざ始めようとすると

”で、何からどうすればいいの?”

って方、意外と多いのではないでしょうか??

結論から言えば、
国内口座であればさほど差はないため、どこでもいいのでとりあえず口座を作ってみるというのが正解!
だとは思っていますが、そういう太朗も最初は”どこの口座がいいんだろ?””何を比較して選べばいいんだろ?”とわからないがゆえに不安でした…。

そこでここでは太朗が考える
”FX口座の比較ポイント””実際に太朗が使っている口座”
を紹介していきたいと思います☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
長い話はいいよ!最後まで読むのも大変だし、太朗の使っている口座でいいからどこか教えて!おすすめ口座を早く教えて!という方へ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

太朗はFXTFをメインに使用しています!(最近はSBIも使い始めましたが)

以下のリンクをクリックして口座開設サクッとやっちゃってください♪
FXTFで一緒にトレードライフ楽しみましょ^^♪

↓↓↓太朗の使用口座はこちら☆↓↓↓

ゴールデンウェイ FXTF口座開設ゴールデンウェイ FXTF口座開設 | GogoJungle


↓↓↓その他おすすめ口座はこちら☆↓↓↓

FX口座比較ポイント


細かい点を考えると多くあるかと思いますが、太朗が実際にトレードをしていて比較ポイントだと感じるのは以下の6点です。


1点目:最小取引単価

2点目:スプレッド

3点目:スワップ

4点目:通貨ペ

5点目:手数料

6点目:キャッシュバックキャンペーン等


”なにそれ?”という方もいらっしゃると思いますのでそれぞれ簡単に説明していきますね^^♪

~最小取引単価~


エントリーする際に必要となる最小の取引通貨数のことになります。
これはそのまんまではありますね^^♪

1000通貨10000通貨と表現されるのですが、最初はよくわからないですよね~。

イメージが持てるように具体的に米ドル円で説明してみますね^^♪

最小取引単価が1000通貨の場合、最小取引金額は1000ドルからということになります☝
1000ドル買う売るかということですね^^)

レバレッジ(倍率)は選べるところも多くありますが、基本的には25倍で行うことが多いので

1ドル100円の場合に1000ドル買おうとすると、4000円必要ということになります。

計算式はこちらです。
1000($)×100(円)÷25(倍)=4000(円)

(もちろん10000通貨の場合はこれの10倍で40000円からのスタートということです。)

正直ここら辺の計算って最初はよくわからなかったです…笑

とりあえずお金入れて買ってみて、”あ~そういうことか~”ってなりました。笑

みなさんはもう大丈夫ですね^^♪

~スプレッド~


これは最初は本当に意味が分からなかったです。笑 

そしてよくスワップとどっちがどっちかわからなくなります。笑

海外に行くときなどの外貨両替をするときに

”円→ドルに変換”するときと

”ドル→円に変換”するときでは

1ドルの値段が異なっていた!

なんていう経験はありませんか?

簡単に言うとそれです☝☝

FXの売買においても買うときと売るときに差額が生じます

通常の時のように1円とかという大きな差ではなくたいていが0.3銭とか少額にはなります。

ただし!!

そもそも1000通貨10000通貨の取引なのですから1通貨は0.3銭といえども
トータルでは30円とか300円という差分になるため、
たくさんトレードすればするほど塵積で大きなコストとなっていきます。

スプレッドはFX業者が各自設定できるものであり、
このスプレッドはコストと考えるべきですので重要な比較ポイントとなってくるかと思います!
(このスプレッドによってFX業者は利益を出していると太朗は認識しています。)

ここでスプレッドを見るためにもう一つ知っておく必要がある単位があります。

”pips”という単位です。

日本では上記のようにスプレッドの単位を”銭”で表すことが多いですが、
海外からしたら何のこと?!ですよねw
”pips”が共通単位と考えておくとよいかと思います。

”1pips”=”0.01円”=”1銭”

になります。なのでスプレッド0.3銭!とはスプレッド0.3pips!ということになります☆

~スワップ~

スワップとは二つの通貨の金利差分のことを言います。

例えば米ドルが金利0.25%で円が0.1%であったとすると、米ドルで持っていた方が0.15%金利が多くつくということになりますよね。

これがFXでも同様に発生します。

そして、その金利は毎日持っているポジションに対して発生していきます。

例えば上記金利状態のときに

米ドルを買った場合買いポジを持った場合=米ドルを保有
円で持っているよりも金利が高いため毎日その差額分の金利が入ってくることになります。

一方で

米ドルを売った場合売りポジを持った場合=日本円を保有
米ドルで持っているよりも金利が低いため毎日その差額分の金利を支払うことになります。


各通貨ごとの金利差によって発生するものであるため、
通貨ペアによってスワップ金額は異なります

また金利は日々変わっていくため、エントリーしたタイミングではプラスであっても月日が経つにつれてマイナスになることもあるため注意が必要です。

変動に注意は必要なものの、
高金利通貨を保持すればスワップにて毎日お金が入ってくる旨みから、
このスワップを利用した”スワップ運用”もあるくらいです☆


ただし高金利通貨は変動が大きかったりリスクが高い通貨であるために
高金利となっていることは忘れてはいけません。

スワップ運用には要注意です!

FX口座を選ぶうえでの一つのポイントにはなるかと思いますが、スワップ運用しないことが前提であればさほど重要ではないと思いますよ^^

念のためほかのFX業者と比べて極端に差分がない限りは問題なしです☆

~通貨ペア数~

これは意味的には簡単ですね^^♪

取り扱っている通貨のペア数になります。

最初はたくさんの通貨ペアで取引はしないと思いますので
あまり比較ポイントとしては重要ではないかもしれませんが、
20通貨ペア以上はあった方がよいかと思います。

ただ、これはやりたいときに新しく口座開設をすればよいだけですので、
スタート時にエントリーしようとしている通貨ペアを3組くらい検討し
その通貨ペアがあるかどうかで決めればよいかと思います。

よっぽどマイナーな通貨ペアでない限り基本的にはどこのFX業者も取り扱っていると思います。

~手数料~

こちらも意味的には簡単で、エントリーする際にかかる手数料になります。

運用コストにダイレクトに影響するため、できるだけ少ないFX業者を選ぶべきですが、
国内FX業者であれば手数料0円に設定されているところが基本ですので、
この点での差別化はできなさそうです。

FX玄人になり、海外口座も活用する際には手数料もしっかり確認して選ぶという位置づけでよいかと思います。

~キャッシュバックキャンペーン等~

最後に各FX業者がうたっているキャンペーンについてです。

たくさん取引するとその分FX業者は利益につながるため、

エントリー数に応じたキャッシュバックキャンペーン



口座開設するとキャッシュバックが発生するキャンペーン

を準備しています。

どうせ同じだけエントリーするのであれば、よりキャッシュバックがあった方がいいですよね^^♪

そういう意味で若干FXとは関係ない項目かもしれませんが選ぶポイントとして挙げています☆

使用口座の紹介


それでは太朗が実際に使っている口座FXTFを上記のポイントに注目して紹介していきます☆

FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社)

↓↓↓下のリンクをクリックすると簡単に口座開設できるよ^^♪↓↓↓

ゴールデンウェイ FXTF口座開設ゴールデンウェイ FXTF口座開設 | GogoJungle


~最小取引単価~

標準の取引コースでは最小取引単価は1000通貨からになります。

エントリーはLot単位でのエントリーになり、

1Lot=10万通貨

を意味し、エントリーは0.01Lotからできます

(0.01Lot=1000通貨)

~スプレッド~

たくさんのFX口座を持っているわけではないですがFXTFはスプレッドは小さいと思います!

FXTFを選ぶ一番のポイントでもあると考えています☆

中でも
”米ドル/円”

”ユーロ/米ドル”

”豪ドル/円”

”ユーロ/円”

”ポンド/円”

日本No.1最狭スプレッドをうたっています!

※どのFX口座もそうですが重要な指標発表時には相場が不安定になるため
 スプレッドは大きく開きます。
 そのような場合には上記スプレッドの限りではないことには注意です。

~スワップ~

スワップポイントも比較的高水準です!
21年12月末のスワップを一部抜粋しておきます☆

米ドル/円:売り_-83円 買い_2円

ユーロ/米ドル:売り_3円 買い_-33円

豪ドル/円:売り_-57円 買い_0円

ユーロ/円:売り_1円 買い_-42円

ポンド/円:売り_-90円 買い_2円

~通貨ペア~

FXTFは取り扱い通貨も豊富です☆

全30通貨ペア!!

そのうち対円通貨ペアは10種類♪

幅広く取引できるのも一つの魅力ですね^^♪

~手数料~

0円です☆

この点は国内FX業者であればデフォルトって感じであまり差分はないですね^^

~キャッシュバックキャンペーン等~

新規口座開設によるキャッシュバック

スプレッド縮小

友達紹介キャンペーン

など多数ありますが、太朗が毎月エントリーしているキャッシュバックキャンペーン

取引量ランクに応じた一律キャッシュバックキャンペーン”です♪

55,000円を上限にエントリーした分だけキャッシュバックがもらえるこのキャンペーンはポジポジ病の太朗にとってはピッタリ♪

具体的には下図のような取引量ごとのキャッシュバックになります☆

※2022年1月までのキャンペーンのようで2022年2月からは別のキャンペーンが始まってます!


新しいキャンペーンはこちら♪^^

もちろん太朗も毎月エントリー中です!!

これまでのキャンペーンは全通貨の合計lot数でキャッシュバック額が設定していたのに対し、新しいキャンペーンでは個別通貨に対してそれぞれでlot数に応じたキャッシュバック額が設定されています。

詳細キャッシュバック一覧は以下になります☆





その他おすすめのFX口座を順に紹介していきます☆
太朗も口座開設対応中です♪一緒にやっちゃいます?^^♪

DMM FX


↓↓↓下のリンクをクリックすると簡単に口座開設できるよ^^♪↓↓↓


~最小取引単価~

各通貨ペア最小取引単価は10000通貨からになります。

エントリーはLot単位でのエントリーになり、1Lot=10000通貨になります。

一回の注文や指値・逆指値等の注文数量は上限100Lotになります。
太朗は100Lotなんて動かせないのでこの点は心配無用です♪笑

~スプレッド~


FXTFと比べてしまうと高く見えますが特別高いわけではなく基本的なレートです☆

約定時に滑らないのであればかなり安定した取引ができるレベルだと思います!

具体的な通貨ごとのスプレッドは以下になります。※’22/4/7現在

~スワップ~


スワップポイントはFXTFよりもわかりやすいです!

一方のポジションがプラススワップならもう一方のポジションは同程度のマイナス☆
こういうのはわかりやすくていいですね^^♪

22年4月初めのスワップを一部抜粋しておきます☆
※1Lot(10000通貨)単位あたりの金額になります。

米ドル/円:売り_-22円 買い_19円

ユーロ/米ドル:売り_28円 買い_-31円

豪ドル/円:売り_-9円 買い_6円

ユーロ/円:売り_5円 買い_-8円

ポンド/円:売り_-52円 買い_49円

~通貨ペア~


DMM FXもFXTFに引けを取らず豊富です☆


全21通貨ペア!!

そのうち対円通貨ペアは9種類♪

こちらでも幅広く取引でき、魅力的ですね^^♪

~手数料~


こちらも取引手数料(売買手数料)は無料です☆

スプレッドが実際の運用コストになります。

~キャッシュバックキャンペーン他~


☆新規口座開設キャッシュバック☆

DMM FXでは新規口座開設完了日から3か月間の新規取引数量に応じたキャッシュバックされます♪


キャッシュバック対応表は下図になります^^♪(”22/4/11現在)


DMM FXでは現金のキャッシュバック以外に

”取引応援ポイントサービス”

なるキャンペーンがあります☆

取引実績に応じポイントが付与され、1000ポイントごとに1000円として使用できます♪

取引回数が多いとポイントランクが上がり、

ランクが高いと同じLot数取引した際の付与ポイントが大きくなります!(最大3倍!!!) 

非常に面白いキャンペーンです♪

ポジポジ病の太朗にとってはこれまた魅力的なキャンペーンですね~^^♪

おまけ♪


満を持してFXトレードを始めた皆さんへ☆

太朗は毎週ドル円予想をしていますのでぜひ参考にしてみてください^^♪


一緒にしっかり利益重ねていきましょ~☆


最新予想はこちら♪↓↓↓




そして太朗のポジポジ病トレードの基本スタンスは以下になります♪

ポジポジ最高~( *´艸`)

FX エントリー・利確・損切ポイントの見極め方