投資信託とは?投資信託の基本について解説

投資信託・ETF
投資信託・ETF
PVアクセスランキング にほんブログ村

投資信託とは


投資信託とは、投資家から集めたお金をまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用し、その運用成果を投資家に分配する金融商品です。

ファンド投資の1つですが、投資信託法という法律で投資信託そのもののルールや各業者の役割が定められており、投資家の保護がなされています。

また、少額から投資を行うことができるというのが特徴です。


ファンド投資について下記記事もご確認ください。

投資信託の仕組み


投資信託の仕組みについて説明します。


投資信託は、販売会社委託会社受託会社の3つの機関が役割を分担し運用されています。

販売会社:投資家に投資信託を販売し、投資家は申込金という形で販売会社に資金を預けます。

受託会社:販売会社から投資家の資金を預かり、管理・保管します。また実際に実際に株式や債券の売買を行います。

委託会社:集められた資金をどう運用するのかを受託会社に指示します。


運用成果がでると受託会社から販売会社に分配金/償還金として渡され、そこから各投資家たちに分配されます。

投資信託の種類


投資信託の数は、日本の公募投資信託だけでも約6,000本もあります。

様々な分類がありますが、そのなかでも重要なインデックスファンドアクティブファンドについて説明します。

インデックスファンド


インデックスファンドとは、市場全体の動きを表す指数(インデックス)に連動した投資成果を目指す投資信託です。

指数とは、株式であれば日経平均株価TOPIX、米国ではS&P500などがあります。

指数については下記もご参照ください。

インデックスファンドのメリット


インデックスファンドのメリットとしては分散投資ができること、運用コストが安いことが挙げられます。

分散投資ができる

指数と連動した成果を目指すため、基本的には指数を構成する銘柄とほぼ同じ比率で投資することになります。

そのためインデックスファンドに投資するだけで分散投資の効果を得ることができます。

運用コスト(信託報酬)が安い

インデックスファンドはノーロード(販売手数料無料)の商品が多く、一般的にも運用コスト(信託報酬など)が低く設定されているため、長期投資にも適しています。

アクティブファンド


アクティブファンドとは、ファンドマネージャーが独自に銘柄や資産配分を行い、指数の動きを上回る投資成果を目標とする投資信託です。


銘柄調査や投資判断をファンドマネージャーがアクティブに行うため、一般的にインデックスファンドよりもコスト(信託報酬)が高めです。

直近の傾向としては、アクティブファンドはコストに見合わないという評価が高まっており、インデクスファンドへの資金が流入が増えています。

人気の投資信託とは


数多くある投資信託の中からどれを選べばいいかというのは悩みの種です。

そこで参考になるのがランキングですが、ここでは過去1年間(2020年4月8日~2021年4月9日)で資金流出入が大きい投資信託の順位を紹介します。

ファンド名商品分類資金流出入
(百万円)
運用会社
アライアンス・バーンスタイン
米国成長株投信 Dコース
株式海外312,237アライアンス・
バーンスタイン
投資のソムリエ資産複合
(バランス型)
内外
254,487アセットマネジメント
One
アライアンス・バーンスタイン
米国成長株投信 Cコース
株式海外200,082アライアンス・
バーンスタイン
グローバル・プロスペクティブF
《イノベーティブ・フューチャー》
株式内外194,677日興アセット
マネジメント
テトラ・エクイティ株式海外183,657三井住友DS
アセットマネジメント
eMAXIS Slim米国株式
(S&P500)
株式海外181,170三菱UFJ国際投信
netWIN
GSテクノロジー株式ファンド
Bコース
株式海外148,469ゴールドマン・サックス・
アセット・マネジメント
ダイワJ-REITオープン不動産投信
国内
136,857大和アセット
マネジメント
ダイワ・US-REIT・オープン
Bコース
不動産投信
海外
101,351大和アセット
マネジメント
ティー・ロウ・プライス
米国成長株式ファンド
《アメリカン・ロイヤルロード》
不動産投信
海外
97,735ティー・ロウ・
プライス・ジャパン


投資信託のなかでもS&P500に連動したものは人気が高いです。

下記記事で紹介していますので、ご確認ください。

投資信託の運用実績公開


実際に私が投資信託を運用している実績を公開していますので、気になる方はご覧ください。