FOLIO ROBO PROとは?他社比較や運用実績を解説

ロボアドバイザー
ロボアドバイザー
FOLIO ROBO PRO

こんにちは。

近年、資産運用への関心の高まりやAIの発展によって、ロボアドバイザーが注目されるようなってきました。

本記事では、その中でも最近登場した、FOLIO ROBO PROについて解説していきます。

そもそもロボアドバイザーって何?という方は下記をご確認下さい。

FOLIO ROBO PROとは


FOLIO ROBO PROは、株式会社FOLIOが運営するロボアドバイザーです。


主に金融機関向けに提供されていたAlpacaJapan社によるスコアリング・システムとFOLIO社のポートフォリオ最適化技術を融合させ、本格的にAIを活用した進化型のロボアドバイザーです。


2020年1月からサービスを開始しており、ロボアドバイザーとしては後発になりますが、上記AI技術により、他のロボアドバイザーよりも高いパフォーマンスを上げています。

FOLIO ROBO PROの特徴


FOLIO ROBO PROの特徴についてです。

AIによる精緻なマーケット予測


FOLIO ROBO PROは精緻なマーケット予測を行うために、40以上のマーケットデータをAIで分析しています。

以下がその一部です。

・TOPIX

・S&P

・米10年債

・ドル円

・原油

・金

・銅


例えば、銅の価格は、景気や株価の先行指標として有効性が高く、ドクター・カッパー(銅)とも呼ばれています。

また、ハイイールド債価格は、経済動向の変調、金融不安の台頭を事前察知するのに有効とされています。


上記のようなマーケットデータを幅広く分析することで、①景気動向に合わせた資産配分、②相場の危機予測、③金融市場の変化への対応、が期待されています。

投資対象


FOLIO ROBO PROの投資対象は、米国の金融商品取引所に上場しているETFです。

具体的には下記の8種類のアセットクラスの中から、最良と考えられるETFを選定しています。

・米国株

・先進国株

・新興国株

・米国債

・新興国債

・ハイイールド債

・金

・不動産


各アセットクラスのパフォーマンスは、様々な局面で変化します。

FOLIO ROBO PROでは、相場予測に基づき、この8種類のアセットクラスへの資産配分を変更します。

積立投資


FOLIO ROBO PROの積立機能では、毎月1万円から自動で積立投資を行うことができます。

資産形成のためには、長期でコツコツ積立投資をすることが王道です。

はじめに設定さえすれば勝手に投資してくれるので、時間がない人や自分自身での売買が苦手な人でも淡々と資産構築をすることができます。


また、FOLIO ROBO PROでは積立投資を継続し条件を満たすと、「長期積立特典」抽選プログラムの対象となります。

積立投資の継続回数が一定回数(最低15回)を超えると、3か月に一度自動で抽選を受けることができるようになります。

当選すると、直前の過去3か月分の手数料の一部または全部についてキャッシュバックを受けることができます。

他社との比較


他社のロボアドバイザーと主な仕様を比較してみました。

 FOLIO
ROBO PRO
WealthNaviTHEO楽ラップ
種類投資一任型投資一任型投資一任型投資一任型
コースの数152319
運用対象8種類の
ETF
6~7種類の
ETF
最大30種類
以上のETF
国内の
投資信託
最低投資金額10万円10万円1万円1万円
自動積立月1万円~月1万円~月1万円~月1万円~
運用手数料
(税込)
1.1%1.1%0.715%
〜1.10%
0.00715
運用開始日2020年1月2016年1月2016年2月2016年7月
節税機能なしありありなし
NISA対応なしありなしなし


FOLIO ROBO PROの手数料は、運用額の1.1%、最低投資金額は10万円です。

大手ロボアドバイザーであるWealthNaviと同じですが、他のサービスと比べると割高ではあります。

テーマ投資とおまかせ投資


FOLIOではFOLIO ROBO PROの他にも、「テーマ投資」と「おまかせ投資」というサービスを提供しています。

おまかせ投資


おまかせ投資は、プロフェッショナルな資産運用をすべて自動でおこなえるFOLIOのサービスです。

ノーベル賞を受賞した「現代ポートフォリオ理論」をベースにしたアルゴリズムが搭載されており、簡単な質問に答えるだけで自分に最適な運用プランを提案・運用してくれます。

テーマ投資

「京都」や「コスプレ」といったテーマを選ぶだけで、複数の企業にかんたんに投資ができるサービスです。

各テーマはプロが厳選した複数の有望企業で構成されており、好きなテーマを選ぶだけで、価格変動リスク等を比較的抑えた資産運用を始めることができます。

1万円からでも投資ができるため、初心者にもおすすめです。

FOLIO ROBO PRO

FOLIO ROBO PROの運用実績


FOLIO ROBO PROの運用実績は毎月ホームページで公開されています。


FOLIO ROBO PROがリリースされた2020年1月15日から2022年5月31日までのパフォーマンスは約36.2%となっています。

運用実績は下のグラフのように推移していますが、一般的なロボアドバイザーよりも高いパフォーマンスを発揮していることが分かります。

FOLIO

FOLIO ROBO PROの利用の流れ


FOLIO ROBO PROを始めたい方向けに、利用するまでの流れを解説します。

アカウント登録


ウェブサイトの「いますぐはじめる」を押して、メールアドレスとパスワードを設定します。

FOLIO

口座開設の申し込み


登録したメールアドレスに届くメールのURLをクリックし、口座開設の申し込みをしていきます。

本人確認書類や顔写真の撮影が必要なので、スマホやタブレットで申し込みをすると便利です。


まずは、各確認事項や規約に同意したのち、プロフィールや連絡先を入力します。

FOLIO

次に、本人確認を行います。

手順に従って、マイナンバー(個人番号)カードまたは運転免許証と顔写真を撮影・アップロードすれば完了です。

取引設定・マイナンバーのアップロード


口座開設の申し込みが完了すると、FOLIOでの手続きが開始されます。

その間に、「取引設定」と「マイナンバーのアップロード」を行います。


「取引設定」では、【投資性向】→【職業と資産】→【出金口座】→【取引コード】の4つのページがあります。

各ページでいくつかの簡単な質問に回答するだけでOKです。


次に、「マイナンバーのアップロード」です。

マイナンバーカードのおもてとうらをアップロードすれば完了です。

以上で手続き完了です。

FOLIOでの手続きを待つのみです。

ロボアドバイザーの運用実績


ロボアドバイザーの運用実績は下記記事で公開していますので、ぜひご確認ください。

最後に


FOLIO ROBO PROなら、投資の経験や知識が少なくてもプロ同様の運用が可能です。

ロボアドバイザーへの投資を検討しているのであれば、FOLIO ROBO PROを試してみるのはいかがでしょうか。

FOLIO ROBO PRO