SUSTENとは?他社比較や運用実績を解説

roboadロボアドバイザー
ロボアドバイザー
SUSTEN

こんにちは。

近年、資産運用への関心の高まりやAIの発展によって、ロボアドバイザーが注目されるようなってきました。

本記事では、その中でも最近登場した、SUSTENについて解説していきます。

そもそもロボアドバイザーって何?という方は下記をご確認下さい。

SUSTENとは


SUSTENは、株式会社sustenキャピタル・マネジメントが運営するロボアドバイザーです。

『誰もが安心して暮らせるsustainableな社会の実現』というビジョンを掲げて設立された会社です。


SUSTENは、日本初の完全成果報酬型おまかせ資産運用サービスとして2021年2月に公開されました。

SUSTENの特徴


SUSTENの特徴についてです。

完全成果報酬型の新しい手数料


SUSTENの大きな特徴の一つは、完全成果報酬型の手数料体系となっていることです。

一般的なロボアドバイザーでは、運用成果に関わらず、運用額の対して常に費用が発生しますが、SUSTENでは運用を行っているだけでは費用は発生しません。


SUSTENでは、ユーザーが得た運用益の一部を成果報酬というかたちで徴収されます。

具体的には投資評価額の過去の最高評価額を表すハイ・ウォーター・マーク(HWM)の基準を導入し、HWMが更新されない月には費用が発生しません。

SUSTEN


完全成果報酬型の場合、相場が悪く利益が出ていないときでも費用が発生しないため、長期で運用する場合のストレスが軽減されます。

企業側も成果を上げないと報酬が得られないので、常に高みを目指して運用をしてくれるためWin-Winの関係になります。

投資対象


SUSTENでは、自社が運用する投資信託(SUSTENファンド)を通じて、国内外の様々な金融商品に自動的に投資を行っています。

下記の3つのファンドです。

Redファンド(グローバル資産分散ポートフォリオ)


主に、国内外のETFへの投資や株価指数先物取引・国債先物取引・商品先物投資取引を通じて、世界の株式や債券に投資するファンドです。

長期的に日本を含む世界の株式市場全体の値動きに概ね連動する投資成果の獲得を目指しています。


世界の経済成長の恩恵を享受しやすいファンドになります。

Greenファンド(グローバル複合戦略ポートフォリオ)


主に、国内外の株価指数先物取引・国債先物取引・通貨先物取引・商品先物取引を利用し、国内外の公社債等に投資するファンドです。

株式市場との連動性は低位に維持しながら、長期的に日本円短期金利を上回る投資成果の獲得を目指しています。


景気に連動しにくい絶対収益型のタイプのファンドになります。

Blueファンド(グローバル債券ポートフォリオ)


主に、国内外のETFへの投資を通じて、実質的に日本を含む先進国の国債・政府機関債・社債等に投資するファンドです。

長期的に日本を含む先進国の投資適格債券市場全体の値動きに概ね連動する投資成果の獲得を目指しています。


リスクの低い守りに徹したタイプのファンドになります。


これらの3つのファンドの投資比率を変えることで、ユーザーそれぞれにあったポートフォリオを構築しています。

積立投資


SUSTENの積立機能では、毎月1万円から自動で積立投資を行うことができます。

資産形成のためには、長期でコツコツ積立投資をすることが王道です。

はじめに設定さえすれば勝手に投資してくれるので、時間がない人や自分自身での売買が苦手な人でも淡々と資産構築をすることができます。

他社との比較


他社のロボアドバイザーと主な仕様を比較してみました。

 SUSTENWealthNaviTHEO楽ラップFOLIO
ROBO PRO
種類投資一任型投資一任型投資一任型投資一任型投資一任型
コースの数6523195
運用対象3つの自社ファンド6~7種類の
ETF
最大30種類以上の
ETF
国内の
投資信託
8種類の
ETF
最低投資金額10万円10万円1万円1万円10万円
自動積立月1万円~月1万円~月1万円~月1万円~月1万円~
運用手数料
(税込)
利益の1.1/6~1.1/10
ハイ・ウォーター・マーク方式
1.1%0.715%〜1.10%0.007151.1%
運用開始日2021年2月2016年1月2016年2月2016年7月2020年1月
節税機能なしありありなしなし
NISA対応なしありなしなしなし

ロボアドバイザーの運用実績


ロボアドバイザーの運用実績は下記記事で公開していますので、ぜひご確認ください。

最後に


SUSTENなら、投資の経験や知識が少なくてもプロ同様の運用が可能です。

ロボアドバイザーへの投資を検討しているのであれば、SUSTENを試してみるのはいかがでしょうか。

SUSTEN