【株価指数】S&P500とは?

株価指数
株価指数
PVアクセスランキング にほんブログ村

S&P500とは


S&P500NYダウと並ぶ米国の代表的な株価指数です。

S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス社により算出され、ニューヨーク証券取引所・NYSE American・NASDAQに上場している代表的な500銘柄で構成されています。

この500銘柄で米国上場企業の全時価総額の80%を占めており、米国全体の株価の動きを把握するのに適しています。

株価指数(インデックス)とは

株価指数は、株式の相場の状況を示すために、個々の株価を一定の計算方法で総合し、数値化したものである。(出展:Wikipedia)

S&P500では、1941年から1943年における時価総額合計の平均を10として計算しています。

最近、S&P500が初の4,000ポイントとなり話題になりましたが、1941年ごろと比べ時価総額合計が400倍になったということです。

代表的な日本の株価指数としては、日経225やTOPIXなどがあります。

S&P500の構成銘柄


S&P500の構成銘柄は適宜入れ替えされますが、選定には厳格な規定があります。

例えば、

 ・米国企業であること。

 ・時価総額が61億ドル以上であること。

 ・直近の4四半期が連続黒字であること。

などとなっており、これらをクリアした優良企業で構成されています。

構成銘柄のうち、時価総額トップ10の企業です。

順位銘柄名ティッカー市場
1アップルAAPL NASDAQ
2マイクロソフトMSFT NASDAQ
3アマゾン・ドット・コムAMZN NASDAQ
4アルファベットGOOGL NASDAQ
5フェイスブックFB NASDAQ
6テスラTSLA NASDAQ
7バークシャー・ハサウェイBRKNYSE
8ビザNYSE
9JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーJPM NYSE
10ジョンソン・エンド・ジョンソンJNJ NYSE


上位はいわゆるGAFAMなどのIT系の企業が独占している状態です。

2020年12月にテスラがS&P500に組み込まれたことで話題になりました。

S&P500の価格推移


下記チャートはS&P500の2008年ごろからの推移を示しています。

2008年1月には1460ポイントでしたが、2021年4月5日現在4055ポイント約3倍になっています。

リーマンショックやコロナ禍の時には落ち込みがありますが、基本的には右肩上がりのチャートとなっており、米国企業の強さをあらわしています。

S&P500に投資するには


S&P500は株価指数なので直接投資することはできません。

S&P500に連動する商品(インデックスファンド)を購入する必要があります。

主には下記2つの方法があります。

 ・投資信託

 ・ETF(上場投資信託)

S&P500に連動した投資信託一覧

ファンド名信託報酬純資産
(億円)
運用会社
eMAXISSlim米国株式(S&P500)0.0968%3464.65三菱UFJ国際投信

SBI・バンガード・S&P500

インデックス・ファンド 

0.0938%1648.86SBIアセットマネジメント
iFree S&P500インデックス0.2475%229.95大和アセットマネジメント
iFreeレバレッジ S&P5000.99%55.21大和アセットマネジメント
つみたて米国株式(S&P500)0.22%2.55三菱UFJ国際投信
NZAM・ベータ S&P5000.264%0.49農林中金全共連アセットマネジメント

※2021年3月時点の数値です。

最近のニュース